名古屋製陶所

日本陶器(現ノリタケカンパニーリミテド)の技師長だった飛鳥井孝太郎が名古屋の陶磁器貿易商だった寺沢留四郎と共に明治44年設立したのが名古屋製陶所の前身の帝国製陶所。当時、帝国製陶所はノリタケのライバルとなるほど成長しましたが台風の被害で経営困難となり名古屋財閥の助けをかり合資会社 名古屋製陶所となりました。その後鳴海にトンネル窯の工場を新設したものの、大戦の影響を受け昭和18年住友工業へ鳴海工場を売却します。

この工場は戦後鳴海製陶所となりノリタケ カンパニーリミテドに次いで国内では第2位のの洋食器メーカーに成長しました。鳴海工場を手放した名古屋製陶所は、戦後輸出向けの製品を作っていましたが昭和44年に解散、60年の歴史に幕を閉じました。